|公益社団法人 静岡県農業振興公社

kousya

「農業を強くするブランドづくりセミナー」開催について

農業参入法人や参入意向企業を対象に、マーケティング発想による農産物のブランド化について知見を深めていただくセミナーですす。参入した企業の経営強化やこれから参入する企業の計画づくりに役立ててください。

  1. 日時:令和2年9月9日(水)午後2時から午後5時まで(受付 午後1時30分から)
  2. 場所:講演 「農業を強くするブランドづくり」静岡県立大学経営情報学部 岩﨑邦彦教授
        事例発表、個別相談
        詳細は、リーフレットをご覧ください。
  3. 申し込み方法:参加申込書 に必要事項記入のうえ、FAXしてください。先着順となります。

 

個別相談にも対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

「ふじのくに農地中間管理事業ニュースVol.020」の発行について

農地中間管理事業の進捗状況や実施事例をお知らせする農地中間管理事業ニュースVol.020を発行しました。
適宜プリントアウトして御活用ください。公社でプリントアウトして提供することも可能ですので、必要な場合はお申し出ください。
今後も、地域の意欲的な取組みや優良事例などを広く紹介したいと考えておりますので、耳寄り情報の提供をお願いします。

令和2年6月公募の結果を公表します。

当公社は、静岡県内で農地中間管理事業を行う農地中間管理機構として、平成26年3月19日に県知事の指定を受けました。

県や市町及び農業委員会、JAグループや土地改良区などのご協力を頂きながら、積極的に事業を進めています。

令和2年6月の農用地等借受希望者を公表します。
詳細については、農地中間管理事業についてをご覧下さい。

農業経営継承についてのパンフレットができました

農業振興公社では、県内の農業者に関する経営継承を支援することにより、農地・技術・資源の継続的活用を図り、地域の農業生産力の維持・発展に寄与することを目的として、「静岡県農業経営継承サポートセンター」を設立しました。(令和2年6月25日)

サポートセンターの組織図や支援フロー等に関する リーフレットを作成しました。県内の関係機関へ配布しましたので、ご活用ください。余部がありますので、必要な方はご連絡ください。

静岡県農業経営継承サポートセンターが設立しました

近年、農業経営者の高齢化に伴い担い手の確保が喫緊の課題となっています。
そこで、農業振興公社では、リタイアする農業経営者の農地や施設などの経営資源を担い手に利用してもらうため、経営継承を支援する仕組みとして、令和2年6月25日「静岡県農業経営継承サポートセンター」を設立しました。
また、設立と同時に、今後は第三者への事業承継が増えてくることが想定され、事業承継の手続きや経営の磨き上げのノウハウを持つ「静岡県事業引継ぎ支援センター」及び「静岡県農業経営アドバイザー連絡協議会」と連携協定を締結しました。

 

新規就農を目指す方へ☆がんばる新農業人支援事業の募集について☆

静岡県では、毎年、他産業から農業を志す青年等の新規就農希望者を募集しています。各地域の先進的な農業経営者のもとで、一年間、栽培技術や農業経営を実践的に学んでいただきます。

研修後は、研修受け入れ地域において、先輩経営者等から助言が得られる環境の下で、農業経営者を目指します。

令和2年度がんばる新農業人支援事業の募集を開始しました。

詳細については、こちら をご覧に下さい。

現地視察及び説明会の開催について、当初の計画通り開催します。詳細にについては、応募者に個別にご連絡します。

「ふじのくに静岡」で農業体験しませんか!

静岡県では、職業としての農業に関心をお持ちの方、静岡県内で農業を始めたい方、農業を営む法人に就職を希望される方を対象に、短期間の農業研修ができるプログラム ≪短期農業インターン受入事業≫ を用意しています。
農業現場を見て、体験し、農業者の生の声が聞けるチャンスです。新規就農をお考えの方は、是非ご活用下さい。

令和2年度の募集を開始しました。
詳細については、静岡県のホームページをご覧下さい。

「就農相談会in東京」開催について

静岡県は、静岡県内で農業を始めたい方を対象に、県内の農業、就農された方々の状況、新規就農に向けた準備や心構えなど、個別の就農相談会を行っています。
テレビ会議サービスを活用し、静岡県主催の 就農相談会in東京(5月31日(日)  要予約) が開催されます。
 農業の仕事について知りたい、就農地域の情報が知りたい、など、農業に興味のある方の参加をお待ちしております。
 
詳細は、静岡県のホームページよりご確認のうえ、お申し込みください。