がんばる新農業人支援事業 | 公益社団法人 静岡県農業振興公社

トップページ > がんばる新農業人支援事業

がんばる新農業人支援事業

自立就農を支援します

静岡県では、毎年、他産業から農業を志す青年等の新規就農希望者を募集しています。
「がんばる新農業人支援事業」では、3つのタイプの就農方法により、より実践的な研修が受けられるようになりました。

  • 新人材育成タイプ(地域受入型)
  • 新人材育成タイプ(農業法人等受入型)
  • 後継者強化タイプ

がんばる新農業人支援事業とは

静岡県では、毎年、他産業から農業を志す青年等の新規就農希望者を募集しています。
各地域の先進的な農業経営者の下で1年間、栽培技術や農業経営を実践的に学んでいただきます。研修後は、研修受入地域において先輩経営者から助言が得られる環境の中で、農業経営者を目指します。

研修終了後は、研修受入地域内に就農することが前提となります。
この事業は平成16年度から事業を実施しています。

応募概要は、下記の通りです。
御不明な点は、お気軽に遠慮なくお問合せください。

平成28年度の二次募集(新人材育成タイプ・地域受入型)を開始しました。
新人材育成タイプ・農業法人等受入型 及び 後継者強化タイプ は、引き続き募集中です。

 

募集区分

新人材育成タイプ
地域受入型
地域受入連絡会(研修受入農家、農協、市町、県等)が、新規就農希望者を研修受入地域での就農に向け、1年間の実践研修や就農準備等の総合的支援を実施し、地域の担い手として育成する。
農業法人等受入型
農業法人等が新規就農希望者を研修受入し、「のれん分け」等による就農に向け、1年間の実践研修や就農準備等を関係機関と連携して総合的に支援し、担い手として育成する。
後継者強化タイプ
農業法人等が兼業農家後継者を研修受入し、「新規作目の導入」や「加工・販売等の新規事業の立ち上げ(6次産業化)」に係る1年間の実践研修や就農準備を関係機関と連携して総合的に支援し、経営の強化を促進する。

募集人数は、総数30名です


研修生の状況

平成16~27年度の研修生160名のうち、140名が就農し、それぞれの作物で農業を始めています。平成27年度は、12名が就農に向けての研修を開始しています。

就農を希望する方へ

農業を取り巻く状況は厳しく、新たに就農・参入するためには様々な問題があります。
自立就農をするには、研修期間中や経営が安定するまでの生活資金など、ある程度の自己資金が必要になります。
また、農業技術の習得に加え、本人の努力・熱意、体力、地域住民との協調が求められます。
なお、地域受入型では、研修終了後は、研修地域に就農することが前提となります。


応募にあたって

この研修制度を希望する方は、まず当公社にご相談ください。来社もしくは電話をお願いします。
本制度は、自立就農を養成するための制度です。就職ではありません。
農業の現状、就農地域の雰囲気、研修制度の内容について、ご存じない方も多いと思います。
まず相談してから、応募を考えてみてください。


募集内容1 【新人材育成タイプ・地域受入型】二次募集NEW

応募資格

  • 概ね45才未満の非農家または第2種兼業農家の出身者
  • 就農意欲が高く、研修終了後は、研修地域に就農できる者

研修期間

  • 事前研修 : 2ヶ月程度
  • 実践研修 : 1年間

二次募集地域(市町)及び作目

  1. JA伊豆の国管内(伊豆の国市) : ミニトマト、イチゴ
  2. JA三島函南管内(三島市、函南町) : トマト
  3. JA大井川管内(焼津市等) : イチゴ
  4. JA遠州夢咲管内(掛川市、御前崎市) : イチゴ
  5. JA掛川市管内(掛川市) : イチゴ
  6. JA遠州中央管内(袋井市) : イチゴ
  7. JAとぴあ浜松管内(浜松市) : タマネギ
  8. 丸浜柑橘連管内(浜松市) : ミカン、ミカン・ブルーベリー複合

二次募集 募集期間

  • 平成28年9月1日(木)から平成28年10月21日(金)

二次募集 現地視察及び説明会

  • 平成28年11月5日(土) : 7および8の地域
  • 平成28年11月6日(日) : 4および5の地域
  • 平成28年11月13日(日) : 1および2の地域
  • 平成28年11月19日(土) : 3および6の地域

※当日の日程は応募者に別途ご案内します。
※当日は、貸切バスで移動し、自家用車での参加はできません。

二次募集 面接選考会

  • 平成28年12月3日(土)

>> 応募書類などは、こちらから


募集内容2 【新人材育成タイプ・農業法人等受入型】

応募資格

  • 概ね45才未満の非農家または第2種兼業農家の出身者
  • 就農意欲が高く、研修終了後は、静岡県内に就農できる者

研修期間

  • 事前研修 : 2ヶ月程度
  • 実践研修 : 1年間

研修場所

  • 研修受入先の指導農業法人等と申請者(新規就農希望者)との調整により決定

募集期間

  • 平成28年4月11日(月)から平成29年1月31日(火)
    ※ただし、募集人数に達し次第、募集終了

面接選考

  • 申請者(新規就農希望者)に対し、県農林事務所と連携して、研修希望内容などのヒアリングを行ない、研修実施の可否を判断した後、研修受入が可能と判断される指導農業法人等に対して研修受入を打診、選定します。
  • 研修受入を事前調整した指導農業法人等と県農林事務所等関係者により、申請者に対して面接を実施し、研修対象者(新規就農希望者)として、ふさわしいか判断を行った上、研修受入の決定をします。
  • 面接は必要に応じ市町、農協等の関係機関、団体が参加するものとします。

>> 応募書類などは、こちらから


募集内容3 【後継者受入タイプ】

応募資格

  • 概ね45才未満で他産業に従事したことのある静岡県内兼業農家の出身者
  • 研修終了後は自家経営において、新規作目の導入や加工・販売等の新部門の事業化
    または事業拡大への取り組みが見込まれる者

研修期間

  • 事前研修 : 2ヶ月程度
  • 実践研修 : 1年間

研修場所

  • 研修受入先の指導農業法人等と申請者(農家後継者)との調整により決定

募集期間

  • 平成28年4月11日(月)から平成29年1月31日(火) 
    ※ただし、募集人数に達し次第、募集終了

面接選考

  • 申請者(農家後継者)に対し、県農林事務所と連携して、研修希望内容などのヒアリングを行ない、研修実施の可否を判断した後、研修受入が可能と判断される指導農業法人等に対して研修受入を打診、選定します。
  • 研修受入を事前調整した指導農業法人等と県農林事務所等関係者により、申請者に対して面接を実施し、研修対象者(農家後継者)として、ふさわしいか判断を行った上、研修受入の決定をします。
  • 面接は必要に応じ市町、農協等の関係機関、団体が参加するものとします。

>> 応募書類などは、こちらから